ゆっきーの迷奏ばいよりん

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆第125回レッスンの巻 (伊藤みどりって凄い)

<<   作成日時 : 2014/03/03 04:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日のオリンピックで浅田真央がトリプルアクセルにこだわってきたというんで、いろいろとネットで見てたら「伊藤みどり」がトリプルアクセルってやつを世界で初めて跳んだそうですね。
それでユーチューブで「伊藤みどり」を見たら・・・ビビりました。
凄い、あのスピード感!ジャンプの高さ、豪快さ!
しかも浅田真央でさえトリプルアクセルに苦労してるっていうのに、トリプルA+トリプルTのコンビネーションとか・・・こりゃ規格外だわ。
で、なんていうかバイオリン奏者でもそうなんですが、ワタクシはやっぱりスピード感とか豪快さとかそういう物に惹かれるんだな、と。
浅田真央みたいな滑らかで繊細な演技も素晴らしいんですが、バイオリンで演奏するなら「伊藤みどり」みたいな演奏がしたいな、と思ったわけ。

☆Midori Ito 1993 World Pro "Rose of Pain"


関係無いけど、これって滑り始める前に伊藤みどりが目で合図して「ザッツ出し」してんの?



さて本日レッスンがありました。

☆小野アンナ
・フラジオの音階

フラジオで音階を上げ下げしていきます。
これ家で練習してる時はもっと音が綺麗に出るんだけど、レッスン最初の一発目でやるとイマイチしっくりいかない。
次回からはさらに低いG線からフラジオで。


☆セヴィシック Part2
・No.5 1⇔2ポジ 移動練習 (1音、2・4・8音スラー)

1ポジで4音、2ポジ(弦違い)4音、計8音をスラーで弾く練習。
OK。継続・・・エンドレス。

☆セヴィシック Part1
・No.25 ダブルストッピング練習 (1音、2・4・8音スラー)

今回もE線ソ♯を使うパターン。このパターンがしばらく続きます。
相変わらずこのパターン。以前よりはだいぶ良くなってきましたが・・・


・No.26 ダブルストッピング(1音、2・4・8音スラー)
なんかもう、重音地獄が辛いです・・・
たぶん一番練習時間を割いてるのが重音かもしれません。
かろうじてOK。


☆カイザー No.24 練習曲
今回はアクセントや強弱記号に気をつけて弾きました。
2回目は少しスピードを上げて弾きましたが、早くなると指が追い付かないで辛いです。
自分的にはもう一回くらいやっても良かったと思いますが、次に進む事に・・・


課題曲 Concertino op.25 第1楽章 Rieding
今回は2ページ目の終わりまで。
リーディング良いな〜♪
ザイツのようにメロディをぶった切るようなムズい重音とか入れてこないので、メロディの流れに素直に自然に乗れます。
まあ、その分、スムーズに音をつなげていかないといけませんが・・・
こういう曲じゃないと、なかなかじっくりビブラートをかける練習もできないので、ビブラートをしっかりかけるように練習しました。
その甲斐あったのかどうかは分かりませんが、「いいんじゃないですか、特に言う事はありません」と言われました。
かといって何か褒められたわけでも一切無いんですがね・・・

先生と一緒に曲の最後まで初見でゆっくり弾いてレッスンおしまいです。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
みどりちゃんの時代からフィギュアファンでしたよ〜(笑→歳がばれる)
私はミシェル・クワン選手のキレと柔軟性のバランススケーティング(今でいうならキム・ヨナ系)が好きだったのですが、ジャンプに関しては男子並みに見応えがあって、いつも成功するかワクワクしながら見ていました。

私はヴァイオリンに準えるなら、鈴木明子選手みたいなお客様の心に向かっていく演奏がしたいな〜と思いますvvv

リーディング、最近うちのチェロ教室のバヨ生徒さんの発表会定番曲になってきたかもです。普段のレッスンは鈴木教本みたいなので、教本にない曲を発表会に選ぶ方が多いみたいですよ。確かに、私もザイツより好き。ザイツは先生が生徒さんに弾かせたい傾向があるような気がします……。
ありこ
2014/03/03 15:02
ありこさん☆
現役時代からの伊藤みどりのファンだったんですね。
ワタクシも現役時代に知っている世代ですよ、ただスポーツに興味が無かったので・・・^^;
ミシェル・クワンという選手もなかなか魅力的だったんですね!
動画探してみます。

先日のオリンピックの映像、浅田真央ばかりじゃなくて鈴木明子のも流してほしいですね。
バイオリンの演奏もそうですが、フィギュアの演技も選手それぞれの性格が良く表れて面白いものだと思いました。

リーディングはわりとメロディが綺麗で聴き映えがするので、発表会の曲としてはとても良いですね♪
ザイツはテクニックやその繋ぎ方を練習するには良いんですが、弾くだけで四苦八苦ですからねえ・・・笑
ゆき
2014/03/04 01:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆第125回レッスンの巻 (伊藤みどりって凄い) ゆっきーの迷奏ばいよりん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる