ゆっきーの迷奏ばいよりん

アクセスカウンタ

zoom RSS Sittのコンチェルト レコッてみた

<<   作成日時 : 2014/03/27 03:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

先日のレッスンで発表会曲の候補という事で、ハイドンの楽譜を貰ってきたのですが・・・
曲の最後のカデンツァにビビりまくり!
こりゃ、他の候補の曲の楽譜も貰っておいた方がいいかなと思って、昨日「Sitt(ジットって読むらしい)の楽譜も下さい」って言って貰ってきました。

ハイドンは曲が全体的に軽めな感じでトリルも多いし、なんとなくモーツァルトっぽい雰囲気を感じたんですよねえ。
その事を楽譜を貰う時に先生に言ったら、「そうよ、ハイドンはモーツァルトの先生だから」って。
え〜!そうだったんだ!
モーツァルトにちょっと苦手意識のあるワタクシ・・・
だからこのハイドンの曲にも危険な匂いを感じたのかも。
ワタクシが弾いたら・・・
全然モーツァルトじゃないし、全然ハイドンじゃない

みたいな。
まあ、ハイドンのコンチェルトはレッスンでの必須課題曲なのでいずれはやる事になるんですが・・・

で、ジットの方は動画を見る限り、一見弾きやすそうに見えましたが楽譜を貰って見ると、意外と音符がいっぱいある。
そしてそのたくさんの音符をスラーで繋いでいて、またそのスラーの区切りが変な所にある。今までやってきたスラーとは違う変則な感じ。
やっぱどの曲も簡単ではないなぁ・・・。
出だしのメロディは綺麗で気に入ったので1ページ目だけ練習して録音してみた。
2ページ目からはスラー地獄です・・・。

スピーカ音量を下げてください!
気を付けて スピーカ音量 心の準備 (標語風)
☆Concertino Op.70 Sitt 一楽章



もうE線がペラペラな感じになってたので、今日は弦ヒルとゴールドブロカットを注文しました。
なんだか以前より値段が少し上がっているような・・・
もう消費税アップ分上乗せしてあるのかな?

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いや、モーツァルトとハイドンは別物ですよっ!私モーツァルトはピアノ学習時代から大っ嫌いでしたけれど、ハイドンは好きだったし、ヴァイオリンはじめてからも「皇帝」とか「ラルゴ」「ひばり」…やっぱり素敵な曲が多いな〜と思いましたもの!おすすめです♪

でもジット、とっても綺麗に弾けていらっしゃいますね!!ヴィブラートの振幅も気持ちいいし、すでに完成されている感が……。

な〜んて無責任なプッシュをしておりますが、
ありこ
2014/03/29 23:08
ありこさん☆
そうですか、正直あまりハイドンを好んで聞いたことが無かったんです。
たくさん聞けば違いが分かるんでしょうね。
挙げてもらったハイドンの曲、どれも聴いた事がないかもしれません。
さっそくチェックしてみますね。

ありがとうございます!
でも出だしだけですから、この後からが問題です。笑
最近はビブラートをなるべく多く入れるように練習してます。
それと先生に弓の返しでガリッとしないように、と言われるんですが、なかなかうまく出来ません。指弓が出来ないからでしょうかね〜。

ハイドンもいいんですけど恐怖のカデンツァが・・・
ゆき
2014/03/30 01:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sittのコンチェルト レコッてみた ゆっきーの迷奏ばいよりん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる