ゆっきーの迷奏ばいよりん

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆第141回レッスンの巻 (こういうのもアリ?)

<<   作成日時 : 2014/12/04 00:53   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

何かの拍子に面白いオーケストラの動画を見つけました。
ともあれこのオーケストラの映像をご覧ください。

☆マウリシオ・カーゲル「ティンパニとオーケストラのための協奏曲」




な、なんだ!?

はい、完っ全っにふざけてますねアナタ、ね、ふざてるよね?



たぶんオケをやっている方とかにはネタ的にわりと知られているのかもしれませんが、ワタクシこんなの見たの初めてだったので驚きました。
何が驚きって、楽譜にそれがちゃんと書いてあるっていうんだから。
そんな事ってホントにあんの?

はい、ありました。これが楽譜だそうです。 
画像


はい、確定。やっぱりふざけてますね。




先週は自分の仕事的にイベント的なものがあって、めちゃ忙しかった・・・。
レッスンには一応行きましたが、レッスン記録も付けられずでした。
まあ2カ月分の給料を一週間で稼ぎださなきゃならないんだから、いたしかたない。
これが毎週続けば小金持ち程度にはなれるんだけどな〜、続かないんだよな〜。
というわけで前回のレッスン記録。


☆課題曲 Perpetuo Mobile  Carl Bohm
これは弓がうまく飛ぶ時と飛ばない時があったんですが、練習していて徐々に粒が揃うようになってきたので、合格を狙っていったんですが・・・撃沈。
う〜ん、家ではわりと弾けていたような気がするんだけど。
というかユーチューブの中の先生は、少し上下の力を加えると跳ねやすいという解説をしていたので、そうやってみると実際にやりやすかった。
それをレッスンでやろうとしたら、先生は「弓が上下にブレているから、ブレないように」というダメ出しをくらってしまった。
ちょっと極端にやり過ぎたのだろうか・・・
先生は「弓を動かすのは1cmくらいで良い」と言っていたので、ワタクシのは弓のストロークが大き過ぎて、上下運動が目立ってしまったのかもしれない。
いきなり弓を修正されると、弾けていたものも弾けなくなるというワタクシ。
うーーー、残念・・・。


☆小野アンナ 2オクターブのスケール on D線 
D線のみで2オクターブ音階。OK。
スラーが長い時は弓の初動をゆっくり。
次はG線。


☆セヴィシック Part2
・No.5 1⇔2ポジ 移動練習 (1音、2・4・8音スラー)

1ポジ、2ポジのミックスで計8音をスラーで弾く練習。(E線)
OK。継続・・・エンドレス。


☆セヴィシック Part1
・No.20 弦違いの3連符x2 (1音、3・6・12音スラー) 

スピードをあげて!

・No.26 ダブルストッピング(1音、2・4・8音スラー)
移弦しつつ弾く重音。
ちょっときつかったけどなんとか合格。
弓を押し付けすぎない。弦に乗っていれば滑らせるだけで音は出る。
継続。


☆カイザー No.31 練習曲
♭4つの練習曲。今回は最後まで。
「まあ、弾けてます」って事で、次回はもう少しスピードアップと、スラーの箇所はもっと滑らかに。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
楽譜の絵の通りでしたね!!!
ティンパニーメインの曲ではありますが
「なんて派手な終わり方!」と思いました。
と同時に、突き破った直後会場の微かに息をのむ気配や
動揺・失笑も面白かったです。
途中のメガフォン(?)使用も面白いですね。
あれは演奏者の声を響かせているんですよね?
(きっと声部分も楽譜あるんですよね。あー面白い!)
マラカスみたいなものを使ったりと、
ティンパニーの可能性は無限大!!!(# ̄∀ ̄#)と知りました(笑)

珍しい動画と楽譜をありがとうございました♪
wooo
2014/12/20 10:25
woooさん☆
コメント放置すみません、もう2週間バイオリンに触ってません。^^;
凄い終わり方ですよね!
ってか、あそこから起き上がる時が恥ずかしいかも・・・
でもティンパニーがあそこまで主役級ってあまり無いだろうから、奏者にとっては腕の見せ所?笑
想像を超えた色んな曲があるもんなんですね〜。


ゆき
2014/12/22 01:21
ゆきさん、こんにちは。
お忙しそうですね。
マウリシオ・カーゲルと言えば指揮者が突然倒れる『フィナーレ』という曲もネタ的に面白いですよね。何のためにこんな曲作ったのでしょう。なかなかぶっ飛んだ作曲家です。
まりも
2014/12/23 18:01
まりもさん☆
またもやコメント放置すみませーーーん!!
ほんとバイオリンに触れてません・・・。

あ、指揮者が倒れる曲、なんかどこかのテレビで見たことがあります。
あの曲も同じ人が作曲!?
なにか生と死へのメッセージか何かあるんでしょうかねえ・・・。^^;
ゆき
2014/12/29 03:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
☆第141回レッスンの巻 (こういうのもアリ?) ゆっきーの迷奏ばいよりん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる