アクセスカウンタ

<<  2016年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


☆第160回レッスンの巻 (ボーイング矯正)

2016/03/14 04:35
明後日から2週間ほど海外に行ってきます。
まあ、いつもの事です、と言うとなんかやたらとカッコいい感じがしますが、そんな優雅なものではありません。
そんなもんではないんですが、でもカッコいい感じがした方がいいので、そのままカッコいい感じだと言っときます。

そういえば今年のバイオリンの抱負というか課題というか、そういうのを決めています。
それはズバリ!


ボーイングを矯正する!


です。
これは過去に先生に何度か言われてきた事ですが、まったく矯正する事が出来ていません。
ワタクシのボーイングには決定的な欠陥があり、最近気付いたんですがこの事で音の強弱も上手くつけられなかったりするんだろうと思います。
その矯正しなきゃいけないのは手首が固いってことです。
そりゃもう「アンタ手首に鉄棒縛り付けてるんじゃないの?」ていうほどカッチカチやで〜。
なぜこうなってしまったかは自分でもよく分からないんだけど・・・
悪いクセというしかないですね。

手首が固い=可動部分が狭い=フルボーイングが出来てないんですよね。
最近はマザーズなど表現を練習する教本に入っていますが、このボーイングを矯正しなければ表現の上達も無い!
できれば一年と言わず、徹底的にやって半年で矯正を完了し発表会に間に合わせたいところ。
今年は本気でボーイング矯正をやりまっす。



さて、ほとんどオマケですがレッスン記録を。

☆セヴィシック Part2 
・No.12 3ポジエクササイズ
1の指を置きつつ2,3,4の指を動かす練習。


☆セヴィシック Part1 
・No.11  
過去に終わったハズのNo.11が違うパターンで復活・・・。

・No.19 1または2の指をスライドさせて弾く音階。 (1音、2・4・8音スラー) 
スライドする時、距離が短すぎる傾向になりがちなので気を付けること。

・No.20 弦違いの3連符x2 (1音、3・6・12音スラー) 
特に問題なし。継続。


☆マザーズ No.1 練習曲 
音の強弱の練習曲。
1音の中で「p < f > p」 や「p < p < p < p」、「fz」などいろいろ。
自分的にはいまいちントロールしきれてない感じだったけど、一応合格。
次はNo.2。


☆課題曲 Concert op.12 Seitz 3楽章
2ページ目途中まで。
出だしの1ページ目はメリハリよく。2ページ目はまだまだ譜読みが出来たくらい。
リズム間違えてる箇所が2か所ほど・・・相変わらずリズム感の無さ。
2ページ目最後まで、先生と一緒に弾いて終了。
継続です。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

バイオリンボーイングガイド練習器具
Zele

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バイオリンボーイングガイド練習器具 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


☆第159回レッスンの巻 (ザイツ録音してみた)

2016/03/03 16:35
みなさんこの季節と言えば、思い浮かべるのは「花粉症」と「弥生」ですよね〜。
重度の花粉症であるワタクシは外に出ると呼吸困難になるほどです。
なのでこの季節はなるべく国外に行くか、家に引きこもるようにしています。

ちょうど都合のよい事に、丸一年分の領収書や銀行口座の取引をすべて「弥生」に入力しなくてはなりません。
これがまたとてつもなく大変なので引きこもるにはちょうど良いのです。
そんなの毎日つけるもんだろと叱られそうですが、しかしそううまくいかないのが人生ってもんじゃありませんか。^^;
といい訳しつつ、せめて半年ごとくらいにやらなきゃダメだな、と毎年この時期になると思うのであります。


さて去年の年末に一応合格したザイツを録音してみました。
引っ越してまだ防音設備もないので、なかなか思い切った練習も出来ないですが、お隣さんが引っ越して空き部屋になった事をいいことに少々音量アップです。
とは言えもちろんミュート付けてやっていますよ。それでもガランとした台所で弾いてるのでやたら響いてしまいます。
もしミュート無しだったらありえないほどの音量・・・ダメ、絶対。


気を付けて スピーカ音量 心の準備 (標語風)
ホントに音がデカイです。音量ボタンを下げてください
☆Concert op.12 Seitz (ミュート付き)


ズコーッ!最後に大きくしくじったー!
まあ、他にも修正すべき点は山盛りなんですが・・・。
一つ特に気になったのが、休符を拍通りに休んでいない、という事。
しっかり休符の拍の長さを取っておらず、適当に前のめりに入ってしまっています。
こういうリズム感の悪さが、色んなテクニックを織り込んだこの曲により一層のバタバタ感を加えているんじゃないかと。
まあ、休符に限らず全般的にワタクシはリズム感がないんですよね・・・。



さて、ほとんどオマケですがレッスン記録を。

☆セヴィシック Part2 
・No.12 3ポジエクササイズ
1の指を置きつつ2,3,4の指を動かす練習。


☆セヴィシック Part1 
・No.11  
過去に終わったハズのNo.11が違うパターンで復活・・・!

・No.19 1または2の指をスライドさせて弾く音階。 (1音、2・4・8音スラー) 
スライドする時、距離が短すぎる傾向になりがちなので気を付けること。

・No.20 弦違いの3連符x2 (1音、3・6・12音スラー) 
特に問題なし。継続。


☆カイザー No.36 練習曲 
オクターブ(1と4の指)で一定の指間隔を保ちながら弾く練習。
正直このオクターブを取りながらメロディを弾くのが苦手です。
以前にやったオクターブ重音も苦労したなあ・・・。
本当はもっと速く弾かなきゃいけないのですが、まあ今は無理でしょって事で一応合格。

よっしゃー!やっとカイザー終わった〜! ふぅ〜。
次回からはマザーズです。
画像



☆課題曲 Concert op.12 Seitz 3楽章
1ページ目まで。
出だしの1ページ目はそこまで難しいところはないが、もっとパキッと弾くように。ダラダラ弾かない!
次は2ページ目まで。だんだんザイツぽくなってきました。
継続です。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


<<  2016年3月のブログ記事  >> 

トップへ

ゆっきーの迷奏ばいよりん 2016年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる